マウスピース型
カスタムメイド
矯正装置について

MOUTHPIECE TYPE

マウスピース型カスタムメイド矯正装置による矯正治療について

マウスピース型カスタムメイド矯正は、患者様ごとに作製したマウスピースを装着することで、歯並びを目標とする状態に整えていく治療方法です。
マウスピースを使用する矯正方法はすでに多数存在していますが、当院はアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したインビザライン(完成物薬機法対象外)を採用しています。

他のマウスピース型矯正装置との違いは、マウスピースの作製の工程にあります

当院が採用しているマウスピース型矯正歯科装置・インビザライン(完成物薬機法対象外)は、まずお口の中をスキャンして、現状の歯並びを3Dデータ化します。その後、治療完了までのシミュレーションを行って患者様にも見ていただくので、ゴールイメージを共有できるメリットがあります。
インビザライン以外の方法では物理的に歯型を取る方法が多く、この場合治療中に何度も型を取る必要があります。そのため患者様に通院していただく回数も増えますし、歯型を取るたびにストレスも発生します。
つまりインビザラインを使うと、通院を少なくできる上に心身の負担も減らすことができるのです。

マウスピースで歯が動くメカニズム

ワイヤーを使った矯正は、その形状から直感的にワイヤーが歯に力をかけて動かそうとしていることが理解できます。一方マウスピースは薄く透明なプラスチックで作られており、「本当に歯並びを改善できるのだろうか」と疑問を感じる人も多いでしょう。
実は、マウスピース矯正はワイヤーを使った矯正とは力の掛け方が異なります。
ワイヤーを使った矯正は、ブラケットという部品を歯に接着してワイヤーを通して力をかけるので、厳密にいうと歯とブラケットが接触している面積だけに力をかけています。
一方、マウスピースは歯をおおうように作られているので、広い面積に力をかけることができます。そのため、1点にかかる力は小さく、患者様にとって痛みは少ないのに、全体としては大きな力をかけ続けてしっかり歯を動かすことができるのです。
インビザライン(完成物薬機法対象外)では、1枚のマウスピースで0.25mmの移動を行い、定期的にマウスピースを交換していくことで目標の歯並びを作ります。基本的には最初にスキャンして作成したシミュレーションに沿ってマウスピースを交換し続ければ治療が完了するので、ワイヤー矯正のように装置を調整する手間もありません。
このようなシステムなので、インビザラインはワイヤー矯正とほぼ同じ期間で治療を完了できることが多く、ケースによっては期間を短くできることもあります。

抜歯・非抜歯のシミュレーション・検査が可能です

ワイヤーを使った矯正より、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は抜歯のリスクが低いことをご存じでしょうか?
ワイヤー矯正は奥歯を起点として力をかけるので、奥歯を後方に動かすことは物理的に不可能です。そのため、決まった範囲内での歯の移動しかできないので、スペースを作るために抜歯する可能性があります。
一方、マウスピースを使った矯正では奥歯を後方に動かすことができるので、既存のスペースに縛られない矯正が可能で、抜歯をしなくても済むことが多いのです。
ただし抜歯が必要な症例がまったくないわけではありません。

また、親知らずの抜歯は必要になる場合が多いです。
とは言え、当院ではマウスピース型カスタムメイド矯正の全件で奥歯を後方に動かすわけではなく、それぞれの患者様に合わせて、できる限り負担が少ない治療を提供しています。

マウスピース型矯正装置の特徴

透明で目立たない

マウスピース型カスタムメイド矯正は、透明なプラスチック製のマウスピースを使うので、目立ちにくいのがメリットです。
小学校低学年のころから年配の方までどなたでも対応できますので、見た目のストレスが少ない矯正を希望される方はお気軽にご相談ください。

取り外せるので衛生的

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置はいつでも脱着できます。そのため、歯磨きは通常通り行うことができ、お口の環境をキレイに保つことが可能です。

痛みが苦手な方に
おすすめできる理由

マウスピース矯正は他の矯正方法より痛みが少ないメリットがあります。ワイヤーを使った矯正より歯にかける力が小さいですし、装置が口腔内の粘膜に当たって痛むこともなく、口内炎もできにくいからです。

普段通りの食事ができる

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は簡単に脱着できるので、食事の際は外すことができます。そのため矯正装置のすき間に食べ物が詰まることはありませんし、装置自体が食べ物で汚れることを心配する必要もありません。

金属アレルギーをお持ちの方へ

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置はプラスチックで作られており、メタルフリーです。そのため金属アレルギーを心配する必要がありません。

通院回数が少ない

ワイヤーを使った矯正方法では、月に1回程度通院して調整を行う必要があります。また、ワイヤーが外れるなどのトラブルで想定外に来院しなければならなくなる可能性もゼロではありません。しかし、マウスピース型カスタムメイド矯正は用意されたマウスピースを自分で交換するだけなので調整の必要がなく、通院回数が少ないメリットがあります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置の注意点について

症状によりマウスピース型矯正装置を適応できない症例があります

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置はすべての症例に適応できるわけではありません。診断の結果、他の矯正方法をおすすめすることがありますのでご了承ください。

対象外になる場合があります

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は完成物薬機法の対象外なので、医薬品副作用被害の救済制度は適用されません。

補助矯正装置について

歯並びの乱れが大きい場合は、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置だけでの対応が難しいことがあります。そんな時は補助的に別の装置を使うなどの工夫が必要です。補助装置には使い方の注意点があるので、必要な際は担当の歯科医師が丁寧に説明いたします。

ページトップへ戻る