口腔内スキャナー
(iTero)

ITERO

口腔内スキャナー(iTero)について

当院は歯型を取る際に、iTeroという口腔内スキャナーを使用しています。この設備は患者様のお口をスキャンすることで精密な3Dデータを取得できるので、従来行われてきた患者様のお口の中にシリコンの型取り剤を入れる方法が不要になります。
そのため型取り剤特有の嫌な臭いや味、嘔吐反射(口の中に物が入ることで「おえっ」とする反応)がありません。また、X線を使っていないので患者様の身体的負担が少ないメリットがあります。
詰め物・被せ物などの作製にも利用されますが、当院では矯正治療に役立てています。
取得した3Dデータは診断や治療プランの作成に役立ちますし、患者様に3Dシミュレーション画像を見ていただくことで、治療の過程やゴールイメージを共有していただくことができます。

口腔内スキャナーの特徴・メリット

治療期間の短縮

従来の型取りでは普通だったシリコンを口に入れる工程がないので、患者様にとって不快感がありません。また、10分程度で3D画像ができるので、検査診断や患者様への説明にも便利です。
矯正治療のためのコンピュータシミュレーションは、治療前・治療中・治療後の状態を画像で確認することに向いています。患者様と矯正後のイメージを共有できるのも大きなメリットです。

精度の高さ

従来行われてきた柔らかい素材を歯に押し当てて型を取る方法は、ゆがみやズレが発生することを避けることが困難でした。また、型取りをする人の熟練度によって精度が大きく左右される点もデメリットでした。
しかし、口腔内スキャナーを使えばズレやゆがみが起こりませんし、扱う人によって精度が変わることもありません。そのため矯正治療そのものの精度を高め、予定した期間で予定の成果を上げることに大きく貢献します。

安全性

iTeroは放射線を発しないので、お子様にも妊娠中の患者様にも安心して使用できます。
また、従来の型取りは異物を口の中に入れるストレスがあり、場合によって型取り剤の一部を飲み込んでしまうこともありましたが、スキャナーを使えば口の中に物を入れることはないので、このようなリスクはありません。

ページトップへ戻る