対応症例

CASE

あなたの歯並びはどんなタイプですか

上顎前突(出っ歯)

上顎前突とは、いわゆる「出っ歯」のことです。
「口を閉じにくい」「笑うと歯ぐきが目立つ」など外観上のストレスを気にしている人が多いですが、咀嚼がしにくく、あごの間接に常時負担がかかる難点があります。また、口が乾いて歯周病になりやすいことや、歯が折れやすいなどデメリットが多い状態でもあります。

  • 上あごの骨が大きくて前に出ているタイプ
  • 下あごの骨が小さく引っ込んでいるタイプ
  • 顎の骨には問題ないが、歯だけ突き出ているタイプ

原因

  • 指しゃぶりのクセがあった
  • 舌で上の前歯を内側から押すクセがある

弊害

  • 口を閉じにくいので、乾燥してドライマウスになりやすい

反対咬合(受け口)

咬み合わせた時、下の前歯が上の前歯より前に出ている、いわゆる「受け口」です。
下顎の過成長、上顎の成長不足、前歯の傾斜バランス不良などが原因となります。
オトガイ(下顎の先端)が突出していることから、横から見ると顔の形状が三日月型に見えることもあります。また、正面から見るとオトガイが左右どちらかに偏っていることが多いです。
前歯で噛み切る動作がしにくく、発音が不明瞭になることもあります。首や肩の筋肉、咀嚼筋に負担がかかりやすいのも難点です。

  • 下あごの骨が大きいために下の前歯が前へ突き出ているタイプ
  • 上あごの発育が悪くて上の前歯が引っ込んでいるタイプ

原因

  • 遺伝的な原因
  • 舌や唇の筋肉の癖

弊害

  • 成長すると治しにくい
  • うまくかめない
  • 発音障害

開咬(口が閉じない)

開咬とは奥歯を咬み合わせた際に、上の前歯と下の前歯に上下方向のすき間ができる状態です。前歯で噛み切る動作がしにくいので、あごをずらして食事をするクセがつき、結果としてあごの関節や筋肉に負担をかけます。
さらに、発音しにくい、歯周病を起こしやすいなどのデメリットもあります。

  • 上下の歯の隙間が押し広げられて開いてしまっているタイプ

原因

  • 指しゃぶりのクセがあった
  • 舌で前歯を押すクセがある
  • 口呼吸をしている

弊害

  • 奥歯を損傷しやすい
  • 口を閉じにくいので、乾燥してドライマウスになりやすい

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯に横方向のすき間があり、いわゆる「すきっ歯」と呼ばれる状態です。
前歯のセンター部分だけにすき間が大きいケースや、全体的にすき間が見られる場合など、状態はさまざまです。すき間が前歯部分だけに限定している場合は「正中離開」と呼ばれます。
乳歯と永久歯が混在する状態でみられる空隙歯列は成長とともに解消されることもあります。

  • 歯が小さいことに起因する場合
  • 歯の本数が少ないことですき間が生じている場合

原因

  • 歯の本数が足りていない
  • 片顎だけに力をかけるクセがある

弊害

  • 発音が不明瞭
  • 歯間に食べ物が詰まることが多く、むし歯や歯周病のリスクが高い

叢生(凸凹な歯並び)

歯が個別に前後上下にずれている状態で、乱杭歯と言われることもあります。実は八重歯も叢生の一種です。
あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いことから発生する症例が多いです。見た目にコンプレックスを感じる人が多いですが、むし歯や歯周病にかかりやすい欠点もあります。

  • 歯並びに凸凹が見られ、歯がキレイに並んでいない

原因

  • あごの成長が不十分
  • 指しゃぶりなど、口周辺の筋肉が発達しにくいクセがある

弊害

  • むし歯や歯周病のリスクが高い
  • 口臭がきつくなりやすい

マウスピース型カスタムメイド矯正装置の治療例

治療内容

  • 当院の矯正治療は、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン完成物薬機法対象外)を中心に提供しています。
  • 1日20時間以上の装着で(飲食と歯磨き時以外はつけておくことが基本)歯を移動させます。
  • マウスピース型の装置を、7~14日ごとにご自身で交換していただくので自己管理が欠かせません。
  • 交換のタイミングや治療期間、装置の枚数などは個別に違いがあるので詳しくは当院にご相談ください。

治療にかかる費用

  • 症例によって金額は変化しますが、全顎の矯正を行う場合440,000~880,000万円(税込)が目安です。

※矯正治療は保険適用外です。
※軽度の症例や部分的な矯正に適した方法もあります。詳しくはご相談ください。

考えられるリスク・注意点

  • マウスピース型矯正歯科装置は1日20時間以上装着する必要があります。
  • 症例によって補助矯正器具を使用したり、別の矯正方法を提案したりする場合があります。
  • 装着時間を守らない場合や、装置交換や通院を行わない場合、効果が低減して治療期間が延びることがあります。
  • 治療開始時や装置交換時に1~3日程度は軽い痛みや違和感をおぼえることがあります。
  • 歯の移動完了後は後戻り防止の保定装置を一定期間付ける必要があります。
  • 薬機法対象外なので医薬品副作用被害救済制度の適用はありません。

ページトップへ戻る